2008年05月29日

昼ドラ★愛の劇場「再婚一直線」第4週(6/1〜)

TBS系・昼1時から1時30分:愛の劇場「再婚一直線!
5/12〜7/11全10週

家事や育児が苦手な主婦が前の夫と離婚されて、再婚を目指して花嫁修業する奮闘を描いたコメディ。

主演:井森美幸

愛の劇場「再婚一直線!」第4週(6/2〜6/6)

のどか(井森美幸)が、もも(山田海遊)のことばかり考えて漫画に力を入れないことにいらだった増岡裕次郎(桑野信義)は、のどか(井森美幸)に漫画家をやめろと言い捨てる。

のどか(井森美幸)はやめるか真剣に悩むが、漫画とももの両方が大事だと実感。増岡(桑野信義)にもう一度チャンスがほしいと懇願し、次号の連載で読者はがきが100枚に達しなかったら漫画家をやめる宣言をする。

増岡(桑野信義)から許可を得たのどか(井森美幸)は、介護をテーマにした漫画を描く。

★★★

愛の劇場「再婚一直線!」第3週(5/26〜5/30)

のどか(井森美幸)は、もも(山田海遊)の世話をするベビーシッターの裕美(ちすん)が哲也(大浦龍宇一)にキスをしているところを目撃。二人が結婚したらももの親権が奪えないと焦るのどか(井森美幸)は、ももに気にいられようと友人・ゆり(中島史恵)に料理を習い始める。

ももは友人にのどか(井森美幸)のことをばかにされ、突き飛ばす。それを見たのどか(井森美幸)は暴力はだめだとももを叱るが、「ママなんて大嫌い!」といわれてしまう。

再婚一直線!・キャスト

栗林(中西) のどか(35):井森美幸
売れない漫画家。大学時代に知り合った哲也と結婚して9年。長女の育児と家事は哲也に任せっきりのグータラ主婦。哲也と離婚後は、再婚に向けて花嫁修業をする。

中西 哲也(37):大浦龍宇一
のどかの夫。大手広告代理店に勤務。グータラなのどかの行動に耐えていけず、のどかとの離婚を決意する。

中西 もも(6):山田海遊
のどかと哲也の娘。幼稚園児。哲也のことが大好き。

水沢 マリア(37):比企理恵
売れっ子漫画家。のどかが哲也と離婚後、マリアのアシスタントを務める。

波戸 陽介(28):斉藤陽一郎
のどかの担当編集者。

増岡 裕次郎(50):桑野信義
のどかが連載している漫画雑誌の編集長。

栗林 正子(60):烏丸せつこ
のどかの母。夫・謙吾が経営する居酒屋を切り盛りする。

栗林 謙吾(65):有福正志
のどかの父。サラリーマンだったが、退職して居酒屋を始める。

栗林 真澄(28):宝積有香
のどかの妹。外資系会社に勤務するキャリアウーマン。両親と共に暮らす。

高見沢 ゆり(32):中島史恵
ももと同じ幼稚園に通う友人の母。ももの憧れの女性。

谷崎 裕美(23):ちすん
ももの幼稚園の先生。のどかと哲也が離婚後は幼稚園を退職し、ももの母親代わりになる。

横山 光子(42) :橋本亜紀
哲也が雇った敏腕弁護士。

佐藤 隆之 (35):蓮ハルク
のどかがももを取り戻すために雇った弁護士。
ほか

主題歌
鈴木雅之&菊池桃子『恋のフライトタイム〜12pm〜』
再婚一直線! - Wikipedia


井森 美幸(いもり みゆき、1968年10月26日 - )
●1984年の第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを獲得し、1985年の春にアイドル歌手としてキャニオン・レコードよりデビュー。デビュー曲は『瞳の誓い』。当時のキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」。同期には本田美奈子.(故人)、中山美穂、芳本美代子、斉藤由貴、南野陽子、松本典子、佐野量子、おニャン子クラブなどがいる
●デビューの2、3年後に元祖バラエティーアイドル(バラドル)の一人として松本明子・森口博子・山瀬まみらと共にクローズアップされた。いわゆる天然ボケ系のキャラクターにより全国的な人気と知名度を得て、現在に至る
●2008年5月12日より始まるTBS・愛の劇場「再婚一直線!」に主演に選ばれる。1986年の『遊びじゃないのよ、この恋は』以来22年ぶりである。井森美幸 - Wikipedia



TBS再婚一直線!
http://www.tbs.co.jp/program/ainogekijyo_saikon.html

TBS愛の劇場 再婚一直線!
http://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。