2007年10月19日

「赤福」美味しかったのに・・・

10月12日に発覚した、三重県の人気土産品の赤福がじつは冷凍食品だった・・というニュース・・(そういえば10月18日は・・冷凍の日なのだそうです・・)

 赤福は、製造日に出荷しなかった商品を冷凍保存し、解凍して包装し直した日を製造日として出荷していた。不適正表示で販売された商品は2004年9月からの3年間で約605万箱に上り、総出荷量の18%にあたるという。

「赤福」冷凍して再包装

「えー赤福、美味しかったのにねーーー。なんかがっかりだねー」と話題になりました。と、同時に、つくづく、今の冷凍技術のすごさ??を感じてたのですが・・(冷凍だなんて全く思いもせずにおいしぃねと食べていたはず・・・)

さらに、商品の一部は包装をはがした後、あんと餅に分けて、それぞれ再利用していたことも新たに判明し、箱についても、内側を張り替えて利用していた・・

ということが、農林水産省の赤福への立ち入り調査で、判明したそうです。

赤福は創業300年の老舗ということですが・・・つくづくがっかり・・・というほかありません・・

北海道の「白い恋人」、三重県の「赤福」、さらに「不二家」・・食品メーカーの偽装他様々な問題が次々と発覚して驚くばかりです・・・そういえば「ミートホープ」の話題もありました・・・

「赤福」売れ残りも再出荷、無期限の営業禁止処分に

「赤福」冷凍して再包装

「白い恋人」賞味期限96年から常態化

ミートホープ

不二家の期限切れ原料使用問題

★★★



タグ:赤福
posted by ぴかまま at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤福
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。