2007年10月17日

<エスカレーター>小3が首挟まれ意識不明に 神奈川

小学校3年生(9歳)の男の子が、エスカレーターの手すりと事故防止用のアクリル板の間に首を挟まれて病院に運ばれました。まだ意識は戻っていないとのことなのですが、その後どうなったか非常に心配です

事故が起こったのは16日午後4時59分、神奈川県平塚市のスーパーマーケット西友平塚店。

エスカレーターは10度の傾斜がついた段差のないスロープ型で、全長32.5メートル、幅約1.32メートル。男の子は同級生2人と乗っていました。地下1階のフロアに50円硬貨を落とし、手すりから身を乗り出し下をのぞきこんでいたところ、エスカレーターの手すりとアクリル板(幅145センチ)との間にある約15センチのすき間に首を挟まれたそうです。

 男の子はそのまま約1.5メートルひき上げられたところでエスカレーターが緊急停止した。アクリル板はエスカレーターの中間付近に2枚設置され、手前は可動式で奥は固定されていた。

 店員らによると、男の子はエスカレーターの側面とスロープとの間のへり(幅12センチ)に足を乗せて弾むようにしていて、硬貨を落としたらしい。首を挟まれたアクリル板には血が付着し、同級生が「大丈夫か」と問いかけたが、卓矢君はぐったりして動かなかったという。卓矢君は18日に予定されていた遠足に持っていくおやつを買った後、地下1階のゲームコーナーで遊んで帰宅する途中だったそうです。

 エスカレーターシンドラーエレベータ社製で、分速30メートル(秒速50センチ)で動いていた。同店では「ベルトからは顔や手を出さないように」と注意を促す放送を流していた。利用客は「親は荷物を持っているので立っているが、子供は自由に動き回ることがある」と話していたということです。

テレビでのニュースを見て、思わず、ぴ太郎に「ほら、エスカレータに乗るときはふざけちゃいけないんだよ。遊ぶところじゃないんだよー。大怪我するんだよー」と話したところ・・ぴ太郎は5歳ですが・・・顔を青くして・・「わかった・・気をつける・・」と言ってくれました。今回のエスカレーター事故の男の子は、ふざけたり遊んでいたわけではないのですが、エスカレーターは危険だということを、ぴ太郎は認識してくれれば幸いと思って話してみたのですが・・・5歳でも、エスカレータは危険でもあるということがわかってくれたようです。

これからも折にふれて、エスカレータにみならず、公共の乗り物については、気をつけるように教えていかなくちゃーと思います。

<エスカレーター>小3が首挟まれ意識不明に 神奈川

子どもの事故
ルームランナーで女児重傷 札幌
)砂場にカミソリ5本放置、遊んでいた小4男児軽傷…大阪
ベビーカー事故 電車の扉に挟まり140m 大阪・堺
幼稚園のカップ型回転遊具、園児が右手の指切断…名古屋
流行サンダル、エスカレーター巻き込み事故40件…骨折も



posted by ぴかまま at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの事故
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。