2007年10月15日

鉄道博物館がオープンしました

14日、鉄道ファンが楽しみにしていた、鉄道博物館が埼玉県、大宮市にオープンしました。

鉄道博物館はJR東日本が設立20周年を記念して鉄道博物館をオープンさせたものだそうです。

2006年5月14日に閉館した交通博物館よりも床面積を拡大し、ジオラマやミニ運転列車も豊富に配置され、1日では遊びきれないテーマパークとなっているようです。地上3階建てで、新幹線や埼玉新都市交通「ニューシャトル」が一望できる展望台つき。

横浜や千葉に住んでいるぴ太郎のお友達は、鉄道博物館にいつ行こうかとそれはそれは楽しみにしているようです(初日は、混雑が予想されるので避けます・・たぶんね)

鉄道博物館では蒸気機関車にはホンモノの石炭を入れる様子が見れたり、ミニ「はやて」(青森〜東京・新幹線)に乗れたり・・・

鉄道博物館のニュースを見て、ぴ太郎が「行きたい、行きたい、行くーー連れてって・・・」を連呼しているのは言うまでもありません^^

鉄道博物館のセレモニーには、JR東日本の「大人の休日倶楽部」のイメージキャラクターの吉永小百合さんが出席したそうです。

えっ!吉永小百合が“鉄子”?



鉄道博物館てつどうはくぶつかん)は東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして埼玉県さいたま市大宮区大成町に2007年10月14日に開館した鉄道に関する博物館。
財団法人東日本鉄道文化財団

日本と世界の鉄道に関する遺産と資料を広く人々に公開し、かつ旧日本国有鉄道の改革及び東日本旅客鉄道に関する資料を保存し、調査研究を行う博物館。
鉄道システムの変遷を鉄道車両などの実物展示を中心に各々の時代背景を交えながら、産業史として公開する博物館。
鉄道の原理・仕組みと最新の鉄道技術、将来の鉄道技術を子供達に模型やシミュレーション、遊具を使いながら体験的に学習できる博物館。
日本最大級でかつ気持ち良く、見易い配慮を取ったパノラマ鉄道模型運転場も設置。
日本初の(世界的にも稀と思われる)蒸気機関車のシミュレータである国鉄D51形蒸気機関車運転シミュレータも設置。
2006年5月14日に閉館した交通博物館よりも床面積を拡大し、手狭にならないように設計されている。

入館料金
大人 - 個人 1,000円/団体 800円
小児(小・中学生・高校生) - 個人 500円/団体 400円
幼児(3歳〜未就学児)- 個人 200円/団体 100円
開館時間及び休館日
開館時間:10時〜18時(入館時間は閉館時間直前)
休館日:毎週火曜日及び年末年始(12月29日〜1月2日)(2007年内は無休)
火曜日が祝日である場合は営業し、翌水曜日を休館とする予定。
鉄道
埼玉新都市交通伊奈線鉄道博物館(大成)駅徒歩1分
※博物館開館と同時に大成駅が鉄道博物館(大成)駅に改称。
東武野田線北大宮駅徒歩690m
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鉄道博物館
http://www.railway-museum.jp/top.html

鉄道博物館 http://www.railway-museum.jp/




posted by ぴかまま at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道博物館
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。