2013年07月01日

真夏の方程式(2013.6.29)

真夏の方程式

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦で海底資源の開発計画が持ち上がり、その説明会に招かれた湯川は、宿泊先の旅館「緑岩荘」でひとりの少年・恭平と出会う。やがて旅館の近くで男性の変死体が発見され、遺体の身元が「緑岩荘」に宿泊していた元捜査一課の刑事・塚原だということがわかる。地元警察は塚原の死を転落死として処理しようとするが、現地入りした捜査一課の岸谷美砂は、塚原の死に不可解な点があることに気づき、湯川に事件解決への協力を依頼する。吉高由里子、北村一輝らシリーズのレギュラー陣に加え、杏、風吹ジュン、前田吟らが共演。監督は前作「容疑者Xの献身」と同じく西谷弘。

真夏の方程式 : 作品情報 - 映画.com

福山雅治、子役の「怖かった」に苦笑…「真夏の方程式」初日あいさつ


posted by ぴかまま at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2008年05月24日

「ホームアローン」

2008年05月23日(金)放送『ホーム・アローン

ホーム・アローン』(Home Alone)は、1990年のアメリカ映画。コメディ映画。

マコーレー・カルキンの出世作として知られる。配給収入は全世界で5億3300万ドル(日本円で約700億円(当時))、日本国内でも約34億円に達した。日本での公開は1991年6月。

ストーリー
クリスマスの家族旅行で、シカゴに在住するマカリスター家はパリに行く事になっていた。しかしその当日の朝、停電の発生により全員が寝坊し、急いで空港へと向かったため、前日の兄とのトラブルにより屋根裏部屋で寝ていた8歳の少年ケビン・マカリスター(マコーレー・カルキン)が一人家に取り残されてしまった・・・ ケビンはうるさい家族がいなくなった事を喜び、一人暮らしを満喫するが、その家を二人組の泥棒、ハリー・ライム(ジョー・ペシ)とマーヴ・マーチャント(ダニエル・スターン)が狙っていた。ケビンは家を泥棒から守るべく、日用品などで家中に仕掛けを作り、泥棒たちを迎え撃つ。笑いあり、涙ありの心温まる物語。
ホーム・アローン - Wikipedia
posted by ぴかまま at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2008年05月11日

日曜洋画劇場・土屋アンナ主演「さくらん」

テレビ朝日日曜洋画劇場さくらん」(2007年)

江戸時代、8歳で吉原遊郭・玉菊屋に売られた少女・きよ葉(土屋アンナ)。何度も脱走を試みるが、そのたびに失敗。

きよ葉(土屋アンナ)は、鼻っ柱が強く、ケンカも多い花魁となります。

花魁の粧ひ(菅野美穂)はこの世の厳しさと遊女の世界で上り詰める手練手管をきよ葉(土屋アンナ)に教える。

粧ひ(菅野美穂)は、才色兼備。身請けされて吉原を去ります。

菅野美穂に年内結婚説がウワサされる事情

17歳になり、きよ葉(土屋アンナ)は客を取り始めるがたちまち売れっ子になっていく。

そしてきよ葉(土屋アンナ)は、客で、純情な青年であった惣次郎(成宮寛貴)と恋に落ちる・・が、きよ葉(土屋アンナ)をねたむ高尾(木村佳乃)の策略によって破局。

高尾(木村佳乃)は、愛におぼれ・・結末は・・

日暮と改名したきよ葉(土屋アンナ)は、大名の倉之助(椎名桔平)に見初められる。

きよ葉(土屋アンナ)は、妊娠してしまうが、流産。悲しみにくれる日暮(土屋アンナ)を励まし支えたのは、幼い頃から守ってくれた店番の清次(安藤政信)だった。

倉之助(椎名桔平)に見請けしてもらい、吉原を去ることができるにも関わらず・・日暮(土屋アンナ)は・・・

★写真家・蟻川実花監督の、独特の鮮やかな色彩感覚でスタイリッシュで今までにない時代劇

★音楽は椎名林檎が担当。毒のある旋律がスパイスとなる。

★原作は、安野モヨコ

★★★

昨年(2007年3月でした)、女性の蟻川実花監督、夏木マリさんもでてるということで・・興味がひかれてわざわざ映画館で見た作品「さくらん」・・・ですが、とっても面白かったです。

映像はきれいだし、出演者も男性、女性とも美しいし・・ストーリーも飽きさせずに最後まで、あっという間だったような記憶があります。今夜も見ようかなー。

★★★

土屋 アンナ☆1984年生まれ。日本人とロシア系アメリカ人のハーフ。10・20代のファッションリーダーとして知られる。モデル業以外ではバラエティ番組への出演も多い。

1998年、姉(アンジェラ)がモデルをしていたことがきっかけでモデルを始め、雑誌「SEVENTEEN」にてモデルデビュー。同誌の専属モデルとして一年間務めた頃から人気が出始める。

2002年11月、ロックバンド "Spin Aqua" (現在は解散)のボーカルとしてミュージシャンデビューする。

2003年度NHK イタリア語会話出演。

2004年、映画『下妻物語』で深田恭子とW主演に抜擢。『下妻物語』公開直後の6月15日に結婚・妊娠を発表し話題に。相手はモデルで同じ事務所のジョシュア(モデル・タレントこずえ鈴の実弟)で、同年11月19日に長男を出産。

2005年8月、ソロでミニアルバム「Taste My Beat」をリリース。

2006年1月25日、シングル「Change your life」でメジャーデビューする。

2006年5月27日公開の映画、『嫌われ松子の一生』に女囚役として出演する。
2006年7月4日、夫であるジョシュアと離婚する。
2006年、パリでファッションショーとライブを行う。日本のガールズファッションが人気を集めている事や日本のカルチャー自体が注目を浴びている事、同年6月から『下妻物語』がフランスで『Kamikaze Girls』として公開された事などから、彼女も「日本のマドンナ」と注目を浴び、人気、知名度ともに上っている。

2007年2月24日公開の映画、『さくらん』に主役の花魁役で出演
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

★★★

菅野美穂に年内結婚説がウワサされる事情

土屋アンナがムチムチ太もも見せつけ 

木村佳乃&伊勢谷友介、共演作カンヌへ出品
木村佳乃ハリウッドデビュー
伊勢谷&佳乃とろ〜んとラブラブ2ショット…トロント国際映画祭で舞台あいさつ

成宮寛貴が参加したEXILEアニメ
成宮パンツ一丁で「恋人います」…モッコリ股間に「恥ずかしい」

夏木マリ 斎藤ノブとスピード成熟婚
posted by ぴかまま at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2007年10月15日

草刈正雄「娘が口利いてくれない」

 俳優の草刈正雄(55)が次女の草刈麻有さん(14)と初共演をした主演映画「0093女王陛下の草刈正雄」の初日舞台あいさつが13日に行われました。

草刈親子共演の主演映画「0093女王陛下の草刈正雄」は草刈正雄が実は女王陛下のもとで働くスパイだったという設定のパロディー。草刈麻有は実生活と同じく娘役で登場するというもの。

 壇上に草刈正雄草刈麻有親子で立った2人だが、隣同士にもかかわらず微妙な距離が…。草刈正雄は「麻有は僕と監督からいろいろ言われ、こんがらがったはず。家に帰っても一言も口を利いてくれなかった」と思春期の子を持つ親の難しさを吐露したそうです。

 草刈麻有は「演技は緊張したけど、皆さんに優しくしてもらって助かった」と父から目線をそらして話した。放送中のTBS・MBS系ドラマ「3年B組金八先生」にも出演しています。

草刈正雄「娘が口利いてくれない」
草刈麻有 チャイナドレスでトークショー
草刈正雄、二女との再共演“振られた”
posted by ぴかまま at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2007年10月11日

映画★「人のセックスを笑うな」

作家・山崎ナオコーラさん(28)の小説を原作にした映画人のセックスを笑うな」の完成試写披露会が行われ、主演の永作博美(36)さん、松山ケンイチ(22)さん、蒼井優(22)さんが出席しました。

永作博美さんは、芸能界デビュー19年目にして映画人のセックスを笑うな」初の主演映画ということです。

映画人のセックスを笑うな」は39歳の美術教師(永作博美)が19歳の学生(松山ケンイチ)を翻弄する・・というストーリー。

そして蒼井優さんは、そんな二人をはらはらしつつ見ているという役柄だそうですが、蒼井優さんは「直視できないんだけど、見たい・・みたいなドキドキハラハラの気分を始めて味わいました」と笑顔で語っています。

蒼井優さんは、内田有紀さん主演の映画クヮイエットルームへようこそ」にも出演してるし、資生堂シャンプー「TUBAKI」他CMでもよく見かけるし・・大活躍の女優さんですねー。

松山ケンイチが永作博美に“告白
永作博美、18年目の映画初主演「人のセックスを笑うな」
松尾監督、エリカ様ネタ…「クワイエットルームにようこそ」試写

蒼井優

蜷川さんも蒼井優絶賛「すばらしいシェークスピア女優誕生」
石田純一の娘もモデル!どんだけ〜美女6人
蒼井優、イメージはハワイ 
蒼井優、3年ぶり主演は“犯罪者” 
蒼井優に激ヤセ疑惑!? 売れっ子女優に心配の声

人のセックスを笑うな公式サイト http://www.hitoseku.com/
posted by ぴかまま at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。