2007年09月20日

長嶋氏、遺体から離れられず…亜希子夫人が心不全のため急死

 18日の早朝、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(71)の妻、長嶋亜希子(ながしまあきこ)さんが、64歳という若さで亡くなりました。

長嶋亜希子(ながしまあきこ)さんは数年前からいくつかの持病があり、心不全のための急死と報じられました。

昨日はニュースでも多く取り上げられましたし、職場でもやはり話題になりました。

心不全ということは、心臓が寿命だったんだよ・・と教えてくれるのは職場の年上の先輩です。

長嶋亜希子長嶋茂雄終身名誉監督(71)は1964年10月お互いひとめぼれ・・という対談での出会いをきっかけに、わずか一ヵ月後に婚約、東京オリンピックの翌年に結婚。以後、42年間、長嶋茂雄監督を支え、二男二女のお母様として、一生懸命生きてこられたのだと思います。内助の功良妻賢母という言葉そのままの女性だったのだそうです。

長嶋亜希子さんは、近年は韓流スターにはまっていて、リュシオンさんのコンサートに足を運ばれたこともあるのだとか・・そんな楽しく、ゆったりした時間をこれからもっと過ごしていただきたかったなーと思うのでした

王監督は、ご自分も奥様を亡くされていますが、プロ野球選手、監督の妻にお互い、神経を使わせてしまった・・とお話しされていました。

長嶋亜希子さんの子育ての秘訣の一つには「自由に暴れまくれー」というものだったそうです。アメリカの「ルソーの教育論」を参考に参考になさっていたのだそうです。

長嶋亜希子さんは生ゴミは一切ださないなどのお話もあったようで、女性にとっても偉大な先輩であった長嶋亜希子さんのお話を色々と聞いてみたかったなーと思わずにはいられません。

長嶋氏、遺体から離れられず…亜希子夫人が心不全のため急死
ミスターに捧げた一生 亜希子夫人、G婦人部隊結成し後方支援
長嶋一茂さん一問一答 ミスター、何度も呼びかける
長嶋亜希子さんが死去…巨人軍終身名誉監督の妻


心不全(しんふぜん)症状ないしは病態の一種。心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。概念心不全は、心臓が、全身が必要とするだけの有効な循環血漿量を保てないことを表す概念であり、そのような病態となるに至った原因は問わない出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


posted by ぴかまま at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長嶋亜希子さん
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。