2008年01月09日

今林被告懲役7年6月 福岡3児死亡事故 危険運転罪適用せず 地裁判決 飲酒追突「脇見が原因」

今林被告懲役7年6月 福岡3児死亡事故 危険運転罪適用せず 地裁判決 飲酒追突「脇見が原因」
1月8日17時9分配信 西日本新聞


 福岡市東区で2006年8月に起きた飲酒運転3児死亡事故で、危険運転致死傷罪などに問われた元同市職員今林大(ふとし)被告(23)の判決公判が8日、福岡地裁であった。川口宰護(しょうご)裁判長は同罪の成立を否定、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び運転など)を適用し、業務上過失致死傷罪の併合罪の最高刑にあたる懲役7年6月を言い渡した。検察側は危険運転致死傷罪などの併合罪の最高刑である懲役25年を求刑していた。危険運転致死傷罪をめぐる司法判断が割れる中、飲酒運転追放の機運を高めるきっかけとなった事件は「故意犯」ではなく「過失犯」と認定され、刑が大幅に減軽された。

 川口裁判長は「今林被告は酒に酔っていたが(事故前に)蛇行運転や居眠り運転はしておらず、正常な運転が困難な状態だったとは言えない」として危険運転致死傷罪の成立を否定。「漫然と進行方向の右側を脇見していたことが事故の原因」と結論づけた。弁護側が事故の一因とした、被害者側の居眠り運転については否定した。

 また、業務上過失致死傷罪などの併合罪の最高刑を科した理由について「3児を愛し慈しんでいた両親の悲しみが癒やされる日はこないと言わざるを得ない。救護義務も尽くさず、ナンパ目的で酒気帯び運転した動機に酌量の余地はない」とし、「家族の幸せを一瞬にして破壊した本件のような交通事故が繰り返されないよう願わずにいられない」と付け加えた。

 判決の言い渡し後、川口裁判長は今林被告に「これから一生をかけて償ってほしいと思います」と語りかけた。閉廷後、今林被告は収監された。

 公判では検察側が「酩酊(めいてい)状態で車を運転した」として故意犯である危険運転致死傷罪の適用を主張し、弁護側は過失犯の業務上過失致死傷罪が妥当としていた。

 この日は、冒頭に弁論を再開し、訴因を追加する手続きがあり再び結審、判決が言い渡された。

 判決によると、今林被告は06年8月25日夜、同市東区の海の中道大橋を酒気帯びの状態で車を運転し、大上哲(あき)央(お)さん(34)=福岡市城南区=一家5人が乗る多目的レジャー車(RV)に追突。車ごと海中に転落させ大上さんの3人の子どもを死亡させた。

    ×      ×

 ●3児死亡判決骨子

 ◇被告は事故当時、酩酊(めいてい)状態とはいえず、アルコールの影響で正常な運転が困難な状況にあったとは認められない

 ◇被害者の車を事故直前まで発見できなかったのは、脇見が原因

 ◇危険運転致死傷罪は成立せず業務上過失致死傷と酒気帯び運転の罪に当たる

 ◇結果の重大性、悪質性などから業務上過失致死傷罪の併合罪の最高刑に当たる懲役7年6月の実刑で臨むのが相当

=2008/01/08付 西日本新聞夕刊=

最終更新:1月8日17時9分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000034-nnp-l40


「逃げたこと、後悔」=元市職員に被告人質問−3児死亡飲酒事故・福岡地裁9月11日
飲酒運転 酒を勧めても同乗しても懲役刑(9月12日付・読売社説)
飲酒運転の罰則の強化の施行が今日からです。


posted by ぴかまま at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飲酒運転罰則強化

2007年09月19日

飲酒運転 酒を勧めても同乗しても懲役刑(9月12日付・読売社説)

飲酒運転 酒を勧めても同乗しても懲役刑(9月12日付・読売社説)
 今度こそ、飲酒運転に甘い風潮を断つべきだ。

 改正道路交通法が19日から施行され、飲酒運転に対する罰則の内容が大幅に変わる。

 運転者に酒を勧めること、酒を飲んだ人に車を貸すこと、飲酒運転の車に同乗すること――は悪質な行為だと明確に規定され、新たに罰則が設けられた。運転者はもちろん悪いが、飲酒運転を許容した側の責任も大きい。そんな考え方への転換でもある。

 しかも、こうした周囲の人の行為に科せられる罰則は、決して軽くはない。運転者に対しては、酒酔い運転は懲役が最高3年から5年に、酒気帯び運転は1年から3年にと厳罰化されるが、車や酒の提供者、同乗者の罪も、最高で2年から5年の懲役刑となる

 車を運転する人に「一杯ぐらいは」と安易な気持ちで酒を出し、酒を飲んだ人に「車で送ってほしい」と頼むことは、もはや通らない。家庭や飲食店で、企業などの宴会の場で、それぞれの人が肝に銘じなければならない。

 福岡市で昨年8月、一家5人の乗った車が同市職員の車に追突され、3児が死亡した事故が、改正の契機となった。市職員は事故前、居酒屋などで友人らと約4時間にもわたり酒を飲んでいた。

 市職員は懲戒免職となり、危険運転致死傷罪とひき逃げの罪に問われて公判中だ。本人の無自覚さにはあきれるばかりだが、友人や飲食店主らが注意すれば、事故を防げた可能性もあった。

 この事故後、飲酒運転の車に同乗しても懲戒免職とするなど、内部規定を見直す自治体が相次いだ。警察庁も「飲酒運転を絶対にしない、させない」をスローガンに、酒類の販売業者や運送業界などに協力を要請している。

 飲酒運転による死亡事故も、今年は7月末現在257件で、昨年同期より162件も減少した。10年前の35%の水準だ。飲酒運転への批判が高まり、自戒した人が増えた結果だろうが、それでもまだ、根絶にはほど遠い状況だ。

 兵庫県尼崎市では今年6月、約15時間にわたって酒を飲んだ男の車が、タクシーに正面衝突するなどで3人を死亡させる事故があった。懲りない運転者が絶えない。改正法の施行を機に、飲酒運転は悪だとの意識を、社会全体に一層徹底させていかなければならない。

 アルコール依存症など、飲酒運転の常習者対策も今後の検討課題だ。米国では飲酒運転の違反者に、酒気を検知するとエンジンがかからなくなる装置の装備を義務づけている。こうした技術面からの飲酒運転対策も進めてもらいたい。

(2007年9月12日1時37分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070911ig90.htm

飲酒運転の罰則の強化の施行が今日からです
posted by ぴかまま at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飲酒運転罰則強化

飲酒運転の罰則の強化の施行が今日からです。

日19日から6月20日に改正された道路交通法の改正の一つである飲酒運転への強化罰則が施行されます。主なものとして

飲酒運転(酒酔い)は 5年以下の懲役または罰金100万円以下

飲酒運転(酒気帯び) 3年以下の懲役または罰金50万円以下

救護義務違反   10年以下の懲役または罰金100万円以下
(ひき逃げ)

車両提供(酒酔い) 5年以下の懲役または罰金100万円以下
 同(酒気帯び)   3年以下の懲役または罰金50万円以下
酒類提供(酒酔い) 3年以下の懲役または罰金50万円以下
 同(酒気帯び)   2年以下の懲役または罰金30万円以下
同乗(酒酔い)   3年以下の懲役または罰金50万円以下
 同(酒気帯び)  2年以下の懲役または罰金30万円以下
呼気検査拒否   3月以下の懲役または罰金50万円以下

飲酒運転はゼッタイにしてはいけないし、させてもいけない・・と強く強く思います

罰則が強化になって困る・・のではなく、飲酒運転はしなければいいこてですよね

昨年の福岡で起きて今も裁判中の飲酒運転追突事故のような事故は無くなってほしいと記事を読むたびに思うのです。

改正道交法:あす、施行 身勝手許さない 飲酒運転厳罰化、同乗も
亡くなった3児の父、「ブレーキ踏んでない」と反論

「なぜ見捨て去った」初めて出廷の父、悲憤の訴え

1. 道路交通法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

2. 免許が変わる?道路交通法改正 http://pokori.com/

3. 道路交通法が一部改正されました http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/doukou/doukou.htm

4. 道路交通法 http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM

5. 道路交通法施行令 http://www.houko.com/00/02/S35/270.HTM

6. 飲酒運転防止ガイド http://www.inshuunten.com/
posted by ぴかまま at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飲酒運転罰則強化
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。