2008年06月02日

マーガリン&マドレーヌ

マーガリン
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

マーガリン (margarine) は元々バターが高価であることからバターの代替としてつくられた食品。

以前は人造バターと呼ばれていた。味や風味などはバターよりも劣るが安価である。

バターが添加され、風味などが改善された製品もある。バターやオリーブオイルのようにパンに塗って食べるために広く用いられる。

また、バターに比べ安価であることから、バターの代用品としてパンやケーキ、クッキー、アイスクリーム、チョコレートなど多くの食品の原材料に使われる。

近年、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が健康被害を与える可能性が指摘されており、日本では規制が無いが米国や欧州では規制されている

マーガリンは精製した油脂に発酵乳・食塩・ビタミン類などを加えて乳化し練り合わせた加工食品で、その製造過程において水素を分子に付加して(水素付加、水素化)、常温で固体にしている。バターとの大きな違いは、バターの主原料は牛乳だがマーガリン主原料は植物性・動物性の油脂である。
以前は鯨の脂肪を用いた物も普及していた。
日本ではJAS規格により、「マーガリン類」の中で油脂含有率が80%を超えるものがマーガリン、80%未満がファットスプレッドと分類されている。

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸が健康被害を与える可能性が指摘されている。水素添加によって作られる通常のマーガリンはトランス脂肪酸を7%前後、ファットスプレッドは5%前後含む[1]。このトランス脂肪酸は心臓疾患や現代病の一因である可能性が指摘されており、欧米ではすでに食品中に含まれるトランス脂肪酸の量を表示することが義務付けられたり、食品中に含まれる量の規制が行われるなどしている。日本では特に規制は行われていない。

マーガリン - Wikipedia

◆日本マーガリン工業会
http://www.j-margarine.com/

◆「トランス脂肪酸」について
http://www.j-margarine.com/newslist/news8.html

マーガリンご飯出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マーガリンご飯は、ご飯にマーガリンを混ぜたシンプルな料理。バターを使ったものはバターご飯と呼ばれる。似たようなものにバターライスがあるが、こちらは単独で食べられることはあまりなく、カレーライスなどの料理と共に出されるのが普通である。

作り方
マーガリンご飯の作り方・食べ方には、好みに応じて多様性がある。

温かいご飯にマーガリン(またはバター)を加え混ぜる。溶かしマーガリンを加える、固形のままご飯にのせて溶かすなどの方法があるが、マーガリンとご飯が程良く混ざればよい。
適量の醤油を加えて調味する。無塩マーガリンを使う場合、塩加減を自分で調節できる利点がある。
バリエーションとしておかか、のり、味の素、たらこなどを加えたものもある。
時間が経つとマーガリンが冷えて味が落ちるので、調理後はできるだけ早く食べる。

栄養成分としては脂質や糖質を多く含むためカロリーが高く、安く・おいしく・簡単にできる料理として人気がある。

簡単おいしいマドレーヌ♪2007年6月 2日 (土)

<材料・6コ分>

・全卵 2 個・薄力粉100g・グラニュー糖100g・無塩バター (マーガリン) 100g ・バニラエッセンス少々

<作り方>

@ボールに全卵を割りほぐす
A@にグラニュー糖→バニラエッセンス→ふるった薄力粉→とかしたバター(マーガリン)の順に混ぜていき型に入れる。

B180℃に温めたオーブンで15分程度焼く。
竹ぐしなどをさして、生地がくっつかなくなったら出来上がり♪

※ バターはレンジでチンすると早いです。(500W 30秒ちょい)
※ 砂糖はお好みで加減して下さい。個人的には80gくらいが甘すぎずいい感じです。Sue の Cooking コーナー: 簡単おいしいマドレーヌ♪

きれいに焼き上げるためのコツとかあるんでしょうけど
とりあえず、混ぜて焼くだけでもそれなりに美味しく出来るみたい。
というわけで、オススメですよ〜♪




posted by ぴかまま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。